フィギュア・宇野昌磨選手の祖父、女優の「花魁」姿描く 姫路の新たな観光資源に - 産経ニュース
    江戸文化の華「花魁(おいらん)」にふんして舞台で活躍する姫路市在住の女優、徳由美子さん(36)をモデルにした絵画を、フィギュアスケートの宇野昌磨選手の祖父で ...
    (出典:産経ニュース)
    ↑↑↑宇野昌磨さん♡の芸術の才能は、おじいさま譲りだったざますね。

    それも、画家として、カンヌ国際展グランプリの受賞歴があり、国際的な知名度も高い方とは・・・
    恐れ入りました。

    やはり、一流になるには、遺伝的素質が不可欠というのはホント!ということが証明されるざますね。


    フィギュアスケート選手の宇野昌磨は孫である。 ^ a b c 【2.9平五輪開幕 日本代表マル秘ストーリー】宇野を金へ導く90歳祖父の“予知絵” 「昌磨は必ず優勝しますよ。どうしてもそう感じる」 夕刊フジ 2018年1月31日 ^ a b c 犬山の名匠 宇野藤雄さん リブル倶楽部 2016年3月号
    6キロバイト (389 語) - 2018年12月31日 (月) 01:19

    ↓↓↓似てる⁇

    (出典 omonew.com)

    ↓↓↓やはり、フィギュアスケート選手になるには、お金がかかります。
    ご家族みんなで、宇野昌磨さん♡をしっかりサポート!
    サポートする側も真剣勝負ざますね。

    ↓↓↓みんな応援してるざます!
    3 氷上の名無しさん@実況厳禁 :2019/07/24(水) 20:36:06.47 ID:bLZqs7HM0.net

    宇野昌磨公式サイト
    http://www.shoma-uno.com

    日本スケート連盟
    http://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=207

    バイオグラフィー
    http://www.isuresults.com/bios/isufs00012455.htm

    wikipedia
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%87%8E%E6%98%8C%E7%A3%A8

    おいこら規制回避★


    【【宇野昌磨さん♡そっくり⁉】やっぱりその才能は…】の続きを読む


    8月5日発売のAERA表紙に林遣都さんが単独初登場!フィギュア高橋大輔さんの「氷艶2019」誌上ルポも掲載 - アエラドット 朝日新聞出版
    8月5日発売のAERA 8月12日・19日合併号の表紙に、まもなく公開される映画「劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~」に出演する林遣都さんが登場します。もちろん、3 ...
    (出典:アエラドット 朝日新聞出版)
    ↑↑↑新しい才能をまたもや開花させた高橋大輔さん♡
    注目せずにはいられないアノ魅力は、どこからくるのでしょうか。雑誌にも引っ張りだこざます。

    会うたびに…何かが「新しいひと」は、私たちの日常に小さな刺激を与えてくれますよね。
    だから、そういうひとには、また、会いたくなります。

    いつも「新しさ」のあるひとは、人の心を惹きつける…

    私たちにとって、高橋大輔さんって、そんな存在なんでしょうね。


    さてさて、今度はどんな?「新しさ」を魅せてくれるのか楽しみざます!


    高橋 大輔(たかはし だいすけ) 高橋大輔 (フィギュアスケート選手) 高橋大輔 (シンガーソングライター) 高橋大輔 (サッカー選手) 高橋大輔 (アナウンサー) 高橋大輔 (探検家) 高橋大輔 (声優) 玉飛鳥大輔 (大相撲力士) の本名
    591バイト (35 語) - 2018年2月9日 (金) 12:59

    ↓↓↓明日、8月5日発売のAERAに高橋大輔さん♡が登場ざます♡

    (出典 img.omni7.jp)

    ↓↓↓歌に踊りに…どこまで才能があるのでしょうか…
    次はどんな才能を見せてくれるか楽しみざます♡

    ↓↓↓やっぱり氷艶ロスになるざますよね!

    200 氷上の名無しさん@実況厳禁 :2019/07/28(日) 05:57:25.59 ID:7HTCCRBlp.net

    今日で最後だなんて
    すでにロスが始まってるああどうしよう
    心にしかと焼き付けながら観てきます!


    【【ロスだよねー⁉】高橋大輔さん♡のアイスショー氷艶2019をもう一度見たい‼】の続きを読む


    スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情 (2019年7月20日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    海外旅行に行くと、レストランで食事をする機会は多いだろう。しかし、外食をする際、日本では普通だと思っていることが、海外では不思議がられたり、マナー違反になることも ...
    (出典:エキサイトニュース)
    ↑↑↑来月の夏季休暇で海外に行かれる方もいらっしゃると思います。
    海外旅行に行くときは、マナーの下調べをしておくことも大切ざますね!

    異文化を楽しみながら、世界の偉大さやちっぽけな自分に気づける、有意義な旅行にしたいざますね。



    外食産業(がいしょくさんぎょう)とは、内食ではなく家庭外で食事を提供するサービス業。 「外食」の用語は戦時下の食料統制の一環として1941年に導入された外食券制によって、配給された外食券で食事ができる食堂に「外食券食堂」との表記がなされたことによって広まった。現在ではここからさらに派生した「内食」「中食」などの用語もある。
    31キロバイト (1,970 語) - 2019年6月24日 (月) 07:53

    ↓↓↓ピンチョス👈を食べた時のお会計の仕方は?

    (出典 tg.tripadvisor.jp)

    ↓↓↓知らないって⁉コワいざますね‼
    ↓↓↓このニュース記事に対してのみんなの意見は⁇
    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/21(日) 01:19:09.63 ID:Kc9F8guX9.net

    海外旅行に行くと、レストランで食事をする機会は多いだろう。
    しかし、外食をする際、日本では普通だと思っていることが、海外では不思議がられたり、マナー違反になることもあるようだ。

    日本では一人でランチを楽しんだり、一人でカフェでまったりするのはよくあることだ。
    しかし、そういった文化がないのがスペインとギリシャだ。スペインとギリシャでは食事は大勢でするもの。
    一人で食事をしているのは奇妙に見えるようだ。観光地では、おひとりさまに慣れているレストランも多いが、少し観光地を離れると、おひとりさまは不思議な存在。
    一人で食事をすることに違和感があるため、一人の人を見つけると近くのテーブルの人が「こっちに来る?」と声を掛け、自分たちのテーブルに混ぜようとすることも珍しくない。
    声を掛けられると戸惑うと思うが、そこはお礼をして混ぜてもらうことがマナーのようだ。

    他のヨーロッパの国でも日本とは異なる、外食での独自の文化が存在する。

    ドイツでは、「席がなければ相席は当たり前」という文化がある。
    日本でも食堂などで相席になることはあるが、ドイツの場合、よほどの高級レストランでない限り、相席をすることは日常茶飯事。
    座っていると「この席、空いていますか?」と話しかけられ、空いていたら相席を認めのがマナーである。
    スペインやギリシャのように互いに仲良く話しをすることはないが、4人席に知らない2組のカップルが座ることも珍しくない。
    相席文化がない観光客は、席が空いていたとしても、相席を断ってしまう人もいる。この行動は冷たい人だと思われることもあるようだ。
    よほどのことがない限り、相席を受け入れるほうがいいかもしれない。相手にとっても失礼にならず、自分も現地に馴染むことができるからだ。

    “らしい”独特のマナーがあるのがイタリアだ。日本では店員がコップやお皿を割ると、すぐさま「失礼しました」と謝罪し、申し訳ない雰囲気が漂うが、イタリアはその反対だ。
    店員が何かを割るたびに客は拍手をするのがマナーなのだ。これはイタリアには「コップやお皿が割れると縁起がいい」という言い伝えがあるからだという。
    時には物が割れた時に隣の人と乾杯をすることもあり、割れ物はその場の雰囲気を盛り上げてくれる。
    こうした風習は、イギリスやブルガリアの一部の地域でも見受けられるという。

    食事は海外での楽しみの一つだ。
    その国のマナーを知っておくと外食がより楽しめ、美味しい食事だけでなく現地の人と触れ合える、最高の異文化体験となるだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16802602/
    2019年7月20日 15時0分 リアルライブ

    前スレ 2019/07/20(土) 15:37
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563604675/


    【【覚えておきましょう!】スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情 ⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ