社会


    親も高齢化、見えぬ将来 深刻な中高年の「ひきこもり」 - 中日新聞
    かつては若者の問題とされていたひきこもり。今、問題視されているのは中高年だ。国が三月に公表した調査結果によると、四十~六十四歳のひきこもり状態の人は推計で ...
    (出典:中日新聞)


    きこもり(引き籠もりひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事や学校に行けず家に籠、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。また内閣府は引きこもりの実態を把握するために、15歳〜39歳までの若年層
    32キロバイト (4,904 語) - 2019年7月15日 (月) 00:20

    ↓↓↓最初の変化に一刻も早く気付いて、対処することが肝要ざますね!
    皆がタッグを組まないと解決できない深い問題ざます。だから、難しいざます。


    (出典 minnanokaigo.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)

    ↓↓↓それが、落ち⁉ざますか⁇まあ、そうなるざますね。
    このニュース記事に対してのみんなの意見は⁇
    1 nita ★ :2019/07/17(水) 12:06:41.80

    2019年7月17日

     かつては若者の問題とされていたひきこもり。今、問題視されているのは中高年だ。国が三月に公表した調査結果によると、四十~六十四歳のひきこもり状態の人は推計で約六十一万人にも。八十代の高齢の親が、引きこもる五十代の子どもの面倒を見る状況は「8050(はちまるごーまる)問題」と呼ばれ、親亡き後、子どもが頼る人を失うことが懸念されている。支援はどうあるべきか。 (細川暁子)

     五年前のある日、長女の部屋をのぞいた瞬間、悲鳴を上げた。赤く染まった布団に倒れている長女。首を包丁で刺し、自殺を図ったのだ。長女は当時、四十一歳。一命を取り留めたものの「*うとしたのは、その時が二回目。今も目が離せない」。七十八歳になり、いつまで元気でいられるかと思うたび、母親は不安に襲われる。

     長女は東海地方の高校を卒業後、事務員として就職したが、人間関係に悩み、四年で「辞めたい」と言いだした。「みんな働いているのに、なぜできないのか」。夫(78)が諭し、車で職場に連れて行った直後、長女はカッターナイフで手首を切った。そのまま一年ほど家にこもった後、今度は工場で働き始めたが、そこも半年で辞めた。以来約二十年間ひきこもっている。

     長女は、パソコンはおろか、携帯電話も持たない。ほぼ一日中、自室で寝て過ごし、食事は一人。風呂にも入らず、母親が体をタオルで拭いたり、髪を切ったりしている。話し掛けても、返事はほとんどない。

     六年前、やっと連れて行った精神科で統合失調症と診断された。今は障害年金を受給し、月に数回、訪問看護を受けている。「私たちが亡くなれば娘も立ちゆかない。今後について話し合う必要があるが不安にさせるとその後が怖い」


     ひきこもりの高齢化は、三月に国が公表した調査データで初めて明らかになった。これまで三十九歳までだった対象を、四十~六十四歳に広げて行った今回の調査。ひきこもりを「半年以上、家族以外とほとんど交流していない人。買い物などに出掛けるほかは外出しない人」と定義、身体的な病気のある人は除いた。

     それによると、ひきこもりの期間が五年以上の長期に及ぶ人は半数を超える51%に。複数回答できっかけを尋ねたところ、「退職した」が36・2%と最多で、「人間関係がうまくいかなかった」、「病気」がそれぞれ21・3%だった。

     二〇一七年度、NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会が、生活困窮者向けに設けられている各自治体の相談窓口二百十五カ所を調べたところ、回答のあった百五十一窓口のうち、「ひきこもりの相談を受けたことがある」と答えたのは88・1%。それを年齢別に見ると四十代の相談が最も多く60・9%に。さらに、四十代以上の百九例について両親の状態を分析したところ、父親は「死別」が48・6%、母親は「七十代」が32・1%で最多だった。親の死後、あるいは親が高齢化する中で、ひきこもりの中高年が貧困に陥る事態が浮き彫りになった。

     バブル崩壊後、国内の景気は低迷し、若者たちは超就職難に見舞われた。今の四十代は、まさにその時代に社会に出た世代だ。〇八年にはリーマン・ショックもあった。政府が六月に発表した三十五~四十四歳の雇用形態によると、正規雇用を希望しながら非正規で働いている人は現在、五十万人に上る。家族会連合会の調査をとりまとめた愛知教育大准教授の川北稔さん(社会学)は「非正規の仕事にしか就けなかったり、リーマン・ショックで雇い止めに遭ったりしたことが、生きづらさにつながっている」と分析している。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201907/CK2019071702000190.html

    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    ★1:2019/07/17(水) 09:44:27.68

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563324267/


    【【働けよ】深刻な中高年の「ひきこもり」 親も高齢化、見えぬ将来】の続きを読む


    怒声浴び、資料投げられ…郵便局員は批判の矢面 - 読売新聞
    かんぽ生命保険で不適切な保険契約の乗り換えが多数あった問題で、かんぽ生命と日本郵便は8月末まで保険営業を自粛することを決めた。だが、営業現場では後手に ...
    (出典:読売新聞)


    日本郵政の傘下に郵便事業株式会社並びに郵便局株式会社を設立。 株式会社ゆうちょが株式会社ゆうちょ銀行に、株式会社かんぽが株式会社かんぽ生命保険にそれぞれ商号変更。 日本郵政の本社を東京都港区虎ノ門(虎の門三丁目ビルディング)から東京都千代田区霞が関(旧日本郵政公社本社)へ移転。
    41キロバイト (4,170 語) - 2019年7月12日 (金) 11:24



    (出典 pbs.twimg.com)


    この問題が起こる前、郵便局に行ったら、局員がはっぴを着て、とても元気に保険商品を勧めてくれました。
    結構、良い商品でしたよ。

    ただ、上層部の圧力が強いんだろうな…と想像させられました。
    局員目線で考えると、局員にも、生活があるため、そうせざるおえなかったのでしょうね。もちろん、これが許される訳ではありませんが…また、そういった組織に嫌気もさすと思いますが、容易に次の仕事先が決められる人なら、そうすればいいのでしょうが、そうはいかない人は、それをずっと続けるというか…続けなければならない!ことになります。どんな業種でも、同じでしょうね。

    会社?局員?この場合、どちらから改革が必要なんでしょうね。



    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/13(土) 12:22:10.26

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00050156-yom-bus_all

    かんぽ生命保険で不適切な保険契約の乗り換えが多数あった問題で、かんぽ生命と日本郵便は8月末まで
    保険営業を自粛することを決めた。だが、営業現場では後手にまわる会社側の対応への不満が強く、混乱も広がっている。

    両社が10日の記者会見で、不適切な疑いのある契約が多数あることを明らかにした後、
    保険販売を担う郵便局では営業が難しい状況だ。東京都内の郵便局に勤務する男性社員は
    「社員が電話した途端にどなられて切られたり、訪問時に資料を投げつけられたりするようなことが起きている」と話す。

    関係者によると、問題が発覚した直後の6月下旬、日本郵便は、大沢誠副社長の名前で
    「自信を持って営業活動を行っていきましょう」との社内メッセージを発信した。管理職が
    「営業をやめれば、会社は潰れる。正当な営業手法であれば堂々と進めよう」などと指導することもあり、
    問題を楽観視するかのような姿勢に違和感を抱いた社員も多かったという。

    一方、かんぽ生命の保険契約を巡っては12日、契約から2年後に解約する事例が急増していることが明らかになった。
    2010~12年度に結ばれた新契約を社内で調べたところ、解約時期が2年を経過した後が最も多くなっていたという。

    当時、日本郵便では2年を経過しない場合、保険販売で支給される手当の一部を会社に返還する規定があった。
    郵便局員が手当の満額支給を受けるため、返還期間となる2年が過ぎた後、乗り換え契約を勧めていた可能性がある。


    【【かんぽ問題それから・それから…】怒声浴び、資料投げつけられ・・・。郵便局員は批判の矢面。しか~し⁉ 副社長「自信を持って営業活動を行っていきましょう」】の続きを読む


    ミニストップが3カ月で193店舗を閉店 既存店への投資に注力するのが狙い - livedoor
    3月~5月にかけて、全国193店舗を閉店したミニストップを取材している。広報担当者によると、閉店となった多くは都市部エリアにある不採算店だそう。「今期は既存店の ...
    (出典:livedoor)


    イオングループ > ミニストップ ミニストップ株式会社(英: MINISTOP CO.,LTD.)は、イオングループのコンビニエンスストアである。イオンの連結子会社。 店舗数は2019年2月現在5450店(国内2197店・国外3253店)で、業界第4位。事業本部は千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1
    58キロバイト (7,837 語) - 2019年7月11日 (木) 09:16



    (出典 news.biglobe.ne.jp)




    今朝、携帯電話ショップのニュースをお届けしましたが、コンビニ業界も同じですよね。
    良いタイミングでこのニュースがでてきました。

    コンビニ業界は24時間営業の件で、世間を騒がせていましたが、携帯電話業界同様、それだけではないですよね。オーナーはとても大変だと思います。

    ただ、ソフトクリーム🍦と言ったら…ミニストップでしょ‼
    それに、いまからは、ハロハロも…
    ミニストップのソフトクリーム🍦って、庶民のささやかな楽しみなんですよね。

    それほど、店舗数があるイメージではないので、1店舗閉店されてしまったら、車でかなり走らなければならないような気がします。

    でも…本当に不採算店舗を閉店させて、来期以降に出店していくおつもりですか⁇


    1 Toy Soldiers ★ :2019/07/12(金) 18:55:46.92

    「家の近くのミニストップが閉店してた?!ハロハロの季節なのに!」―――。
    「近所にある4軒のミニストップのうち3軒立て続けに閉店していっててびびる」―――。

    近ごろツイッター上には、コンビニチェーンのミニストップ(本社・千葉市)の閉店を嘆く書き込みが多い。実際に同社は、2019年7月5日発表の2020年2月期第1四半期決算で、ことし3月~5月にかけて全国193店舗を閉店したと明かした。その理由を取材した。

    不採算店整理し来期以降に出店加速

    ミニストップは、北は青森、南は大分まで全国27都府県で展開している。

    閉店店舗を都府県別にみると、前年同期比で東京が21店舗、埼玉と千葉が20店舗、愛知と福岡が19店舗の減少で、多くの人口を抱えるエリアでの閉店が目立った結果だ。

    閉店ラッシュとなった理由をミニストップの広報担当者に取材すると、閉店した193店は不採算店で、その多くはミニストップが用意した土地と建物をコンビニオーナーに提供するタイプだという。こうした店を減らして固定費を圧縮し、営業を続ける他の店舗への投資に回すねらいだと回答した。

    今後の店舗戦略はどうするのだろうか。担当者は、

    「これで不採算店舗はなくなった。今期は既存店の投資に注力し、来期以降に出店を加速していきたい」
    と答えた。

    https://www.j-cast.com/trend/2019/07/10362215.html


    【【えっ⁉どうしたの⁇これから出番でしょ⁇】「ミニストップ」3か月で193店閉店!都市部で顕著!そりゃネットも驚くでしょう⁉ 】の続きを読む


    人気ラーメン店「日本人観光客お断り」 - 八重山毎日オンライン
    日本人のお客様はお断りしています」−。石垣市中心市街地のユーグレナモール内にある人気ラーメン店が7月1日から、観光客と常連客を含む日本人客の入店を拒否して ...
    (出典:八重山毎日オンライン)


    石垣市公設市場(いしがきしこうせついちば)は、沖縄県石垣市ユーグレナモール(旧あやぱにモール)にある公設市場である。 3階建の建物で、半地下の1階には野菜、果物、魚、肉など地元住民向けの商品が並ぶ。2階は石垣市特産品販売センターが入り、観光客向けの土産物が販売されている。3階には会議室、食堂、展示室、事務所が入居している。
    4キロバイト (508 語) - 2018年4月6日 (金) 10:28



    (出典 www.jalan.net)


    このニュースになった店主は、何に重きを置いて考えたのでしょうか?


    常連さんを大切にするため、一言さんお断り!なんてよくありますよね。
    それを日本人お断り!とは、カテゴリの分け方が、理解できません。

    しかし、精神的にも体力的にも限界。と…このニュースにも書いてあるとおりなんでしょうね。

    収益減を覚悟されているのであれば、一旦お休みをして、大きく冷静に考えた方が良いのに…と心配してしまします。それも考えられないくらい、頭にきているし、疲れていらっしゃるんだと思います。

    身体だけは、大切にしてほしいですね…

    しかしながら、マナー違反は、よくないことです。スマートに食事を楽しみたいものです。


    1 ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [FR] :2019/07/12(金) 12:50:22.51


    日本人のお客様はお断りしています」−。石垣市中心市街地のユーグレナモール内にある人気ラーメン店が7月1日から、観光客と常連客を含む日本人客の入店を拒否している。

    観光繁忙期の9月までの3カ月間だが、商店街には衝撃が走る。同店によると、日本人観光客のマナー悪化に伴うもので、収益減を覚悟した上での苦肉の策。
    石垣市への入域観光客数は年々増加傾向にあり、「量より質への転換」の議論に一石を投じることになりそうだ。 

    ■ルール違反に限界

    「日本人お断り」を始めたのは「麺屋 八重山style」。
    ことし7月で創業7年を迎えた人気店。席はカウンターのみで8席ある。券売機制で▽客1人につき1杯の麺類を注文▽乳幼児お断り−がルール。
    店舗入り口に明記している。

    日本人観光客が乳幼児を連れて来店したときのこと。
    バイトが「1人1杯なので」と「お断り」を告げると客は激怒。
    「奈良から来たのに。駐車場料金も300円払った」「どんな商売しとるんだ」などと詰め寄られた。

    持ち込み禁止にもかかわらず飲み物を持参した大学生に注意したところ、「店内には書かれてないからOKでしょう」と屁理屈で返されたことも。

    「日本人観光客のマナーは年々悪くなっている」。店長の有馬明男さん(42)は現在、バイトは採用しておらず1人で切り盛り。
    日本人観光客がルール違反することに我慢の限界を超えた。

    「日本人は『お客様は神様』だと思っている。マナーの悪い観光客に迷惑を受けている人は多いので、こういうアクションを起こしてもいいと思った」と決断の理由を語り、
    「常連客には申し訳ないと思う。売り上げも減るが、精神的、体力的にも限界だ」と理解を求めている。

    ■「量はもう必要ない」

    商店街の反応はどうか。店舗を営む女性の一人は「商店街の同じ仲間としてびっくりしている。思わず2度見した」と振り返り、
    「観光客相手に頑張っている者として、お断りは好ましくない。商店街のイメージダウンになる可能性もある」と指摘する。

    一方で「日本人に限らず、質の悪い観光客は来ないでほしい」と本音も。「石垣市は観光客の量を確保して質を上げる方針とは思うが、量はもう必要ない。観光客の質が重要だ」と強調した。

    市は、観光基本計画で2020年までに入域観光客数の目標を150万人に設定しつつ、「量」から「質」への転換を図ろうとしている。
    21年度の改訂に向け、来年度に中身を検証する。

    観光文化課の仲大底まゆみ課長は「観光客一人ひとりの常識的な心得も必要。これは新たな課題だと思う」と話している。

    http://www.y-mainichi.co.jp/news/35545/

    (出典 www.y-mainichi.co.jp)


    【【異例すぎる決断‼】沖縄・石垣島の人気ラーメン店が「日本人お断り」を決断 マナー悪化に我慢の限界!だそうです。】の続きを読む


    スマホが売れずに続々閉店… 疲弊する「携帯ショップ」の実情(マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース
    総務省が発表した平成30年の『情報通信白書』によれば、個人のスマートフォン保有率は過去最高となる84%を記録。ただこれは前年の83.6%とほぼ変わらず、横ばいの ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    代理店(だいりてん)は、取引の代理を行う法人格(店あるいは企業)。または代理商が営業する店。 広告代理店 旅行代理店 保険代理店 - 損害保険代理店・生命保険代理店 銀行代理店 エージェンシー 代理人(エージェント): 曖昧さ回避 一般社団法人日本代理店協会 社団法人日本損害保険代理業協会
    697バイト (55 語) - 2016年11月12日 (土) 10:57



    (出典 cdn.mainichi.jp)

    このニュースなかなかリアルなところを捉えていますね。

    コンビニもそうですが、今回の携帯ショップについても、いつの間にか閉店している店を特に最近、多く見かけるようになりました。

    もちろん、スマホが売れずに続々閉店…とタイトル通りなのかもしれませんが…実は、この問題の発端については、別のところにあるような気がします。

    それは、携帯ショップの店舗数が飽和状態であることなんですよね。

    ポケベルから携帯電話に移行し、最初のいわゆるガラケーは、ばらまきともいえるほど普及されました。また、そこから凄まじい勢いで、スマホの普及/iPhoneの人気/一括0円販売/キャッシュバック合戦/と時代と共に、飛ぶ鳥を落とす勢いで、業界が発展していきました。


    そして、同じように携帯ショップの数も増えていきました。


    当然のことながら、普及率が高止まりをし出した、数年前より、携帯電話の販売数は低迷してきています。また、その中でも、一括0円販売やキャッシュバックが可能であった時期については、キャリア間の乗り換えの需要が高まり、何とか携帯ショップも、経営出来ていたと思いますが、唯一の命綱であったそれも、総務省からの規制により難しくなり、更に、携帯電話の料金の是正、最近では、年縛り・解約料金にまで及んでいます。

    携帯電話大手キャリアにおいては、未だに増収増益を示しており、今は大きな痛手を負ってはいませんが、いわゆるフランチャイジーである、携帯電話ショップの大多数は、かれこれ直近数年間は、苦しいとしか言いようがない状況であると思います。

    この様な背景の変化から、大手キャリアからの携帯電話ショップへの要望もそれに伴って徐々に、厳しくなっていくため、必然的に閉店していく店舗が増えていくことになります。また、その店舗を運営している代理店は、破綻していきます。
    そして、業界自体を危ぶみ、退職者は増え、採用も苦戦し、残ったスタッフたちは、周りの店舗が閉店したために、少ないスタッフ数で、より多くの客の対応を迫られる。という負のスパイラルに陥ります。本当に見ていると大変そうですものね。

    …と業界の現状を、携帯電話ショップ目線で綴りましたが、実際に、このようなことは大手キャリアからすれば、何年も前から、想定内であったと思います。そして、店舗精査が必然的に進むため、一旦は、逆に都合が良いかもしれません。

    ここから、大手キャリアはどんな手を打ち生き残っていくのでしょうか?

    どちらにしろ、消費者との唯一の接点である、末端に位置する携帯電話ショップのことも、もう少し考えてあげたほうがと思います。

    まあ、考えもしないですかね・・・


    1 シャチ ★ :2019/07/11(木) 19:32:45.72

    7/11(木) 7:00配信 マネーポストWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190711-00000001-moneypost-bus_all
     総務省が発表した平成30年の『情報通信白書』によれば、個人のスマートフォン保有率は過去最高となる84%を記録。ただこれは前年の83.6%とほぼ変わらず、横ばいの状態が続いているともいえる。また、移動体通信・IT分野専門の調査会社MCAが今年2月に発表した「キャリアショップ」に関する調査によれば、大手キャリア系列のショップ数は8341店舗。2018年5月に実施した前回調査と比較し、9か月間で168店舗減少している。

     大手通信キャリアで携帯ショップの統括をするA氏は、スマホがかつてのように売れなくなっていると話す。

     通信キャリアの名前を冠した携帯ショップのほとんどは、代理店が展開するフランチャイズ。端末の販売や新規回線の獲得、機種変更などで生じる「販売インセンティブ」や、回線の契約が継続される限り支払われる「継続インセンティブ」がショップの売上となる。

    「売上は、端末が1台売れれば数千円、新規回線契約では1万円といった具合です。契約時に提案される留守電機能や保険、動画サービスなどの各種オプションの加入でも数百円ほどの金額が入ります。

     また、『継続インセンティブ』として通信料の数パーセントが店の成績となり、顧客がインターネット契約をすればさらに数パーセント上乗せされます。その他にも、『100台売ったら100万円』などの『目標達成インセンティブ』がショップに入るという仕組みも。お店はそれらの組み合わせでランク付けされるので、売上を作ることに必死になります」(A氏、以下「」内同)

    機種変更サイクルが2年から4年に
     しかし、A氏のショップでも売上は伸び悩んでいるという。

    「スマートフォンの普及率も、これ以上劇的に伸びることはないでしょう。端末の進化もあり、かつて2年ほどだった機種変更などの買い換えサイクルも4年ぐらいになっている印象です。格安スマホと呼ばれるMVNO事業社の影響も大きい。携帯キャリア各社も傘下にMVNOブランドを取り扱っていますが、料金が安いため、携帯ショップに入る『継続インセンティブ』も少なくなり、あまり商売になりません」(以下ソースで)


    【【残酷!リアルな実態‼】スマホが売れずに続々閉店… 疲弊する「携帯ショップ」の実情‼】の続きを読む

    このページのトップヘ