#就職


    あえて「派遣社員」で働く理由「時間に融通がきく」「残業はほぼない。社員が配慮してくれる」 - キャリコネ
    デメリットばかりではないんです 働き方が多様化する中で、あえて「派遣社員」として働く人たちがいる。派遣会社と雇用契約を結び、様々な企業に派遣される働き方は、 ...
    (出典:キャリコネ)

    トヨタ自動車の豊田章男社長も、これからの時代、終身雇用が難しくなるっていってみえましたよね。

    今の時代、いろいろな働き方があって良いと思います。
    休日が多い月など、給与が減ってしまったり、ボーナスがなかったり、交通費が出なかったり…デメリットもあるかもしれませんが、それを上回るメリットが、自分にあるのであれば、良いですよね。

    また、あえて派遣社員を選んで、キャリアチェンジをしながら、色々、手に職をつけるのも、今は大変かもしれませんが、賢い選択になるかもしれませんね。


    非正規雇用 (非正社員からのリダイレクト)
    非正規雇用(ひせいきこよう)は、有期労働契約である「パートタイマー」、「アルバイト」、「契約社員」(期間社員)、「契約職員」(臨時職員)、および「派遣社員」(登録型派遣)と呼ばれる従業員の雇用形態など「正規雇用」以外の有期雇用をいう。正規雇用、中間的な雇用、非正規雇用の3つに区分けした際の用語として
    54キロバイト (8,399 語) - 2019年6月10日 (月) 23:47



    (出典 www.haken-jimu.com)


    メリット・デメリットをしっかり把握してくださいね。
    このニュース記事に対してのみんなの意見は⁇
    1 powder snow ★ :2019/07/15(月) 01:06:32.50

    働き方が多様化する中で、あえて「派遣社員」として働く人たちがいる。派遣会社と雇用契約を結び、様々な企業に派遣される働き方は、正社員と違って不安定だという見方が強い。しかし、わざわざ派遣社員を選んだ人たちは、この働き方にそれなりのメリットを感じているようだ。

    企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた、実際に派遣社員で働いている人々の声を紹介する。

    「勤務時間は希望の時間で了承」「休日出勤等も一度もない」

    「派遣社員として働いていましたが、勤務時間は希望の時間で了承していただけたので、時間的に融通がきく企業様でした。残業もほとんどありませんでした」(財務・会計関連職、40台前半、女性、派遣社員、年収200万円)
    「派遣社員の残業はほぼないと思います。社員さんが基本的に残さないように配慮してくれているようで、残業があったとしても月に10時間無い程度でした。休日出勤等も一度もなかったです。有給休暇も消化しやすい環境で、『どうぞどうぞとってくださいね』というスタンスで、とても言い出しやすかったです」(研究開発、30台前半、男性、派遣社員、年収200万円)

    派遣社員はほとんどの場合、時間単位で給与が支払われる。自分が希望する勤務時間で働くことができる企業を選んでいるため、よっぽどのことがない限り、希望時間外で働かされることもない。残業を押し付けられることもほとんどないようだ。

    勤務時間に融通がきき、ライフスタイルに合わせて働くことができるのは派遣社員のメリットだ。

    派遣社員からキャリアアップできる企業も「成績が良いと正社員登用もある」
    「派遣社員がたくさんいる現場なので、派遣社員にもリーダーになるチャンスが用意されています。不定期で試験を実施しています。成績が良いと正社員登用もあるそうで、実際に正社員になった方も見かけました」(コールセンタースタッフ、10代後半、男性、派遣社員、年収250万円)
    「派遣社員であっても、産前産後休暇や育児休暇を取得できます。私は家庭の都合により復帰はできませんでしたが、育児休暇取得中には、復帰の時期などの相談に乗っていただきました。出産=退職ではなく、新たな働き方を相談できる雰囲気がありました」(医療事務、40台前半、女性、派遣社員、年収300万円)
    「派遣社員から契約社員へ、契約社員から正社員へのステップアップが有ります。現場は1つのチームですので、コミュニケーション力も有れば出世に近づくのでは無いでしょうか」(その他、30代前半、男性、契約社員、年収400万円)

    「時間」で区切って働く派遣社員だが、企業によってはステップアップや出世ができる場合もあるようだ。「不定期で試験を実施」「成績が良いと正社員登用もある」「派遣社員から契約社員へ、契約社員から正社員へ」という口コミが寄せられた。

    出産後に復職でき、家庭環境に合わせて「時間」で区切って働ける環境であれば、子育てとの両立もしやすいだろう。キャリアアップの道が開けている企業に入れば選択肢も広がる。正社員を目指すのも、自身の環境に合わせて派遣社員のままでいるのも自由だ

    近年は働き方改革の始動で、在宅ワークや副業などさまざまな働き方が検討されている。自分の状況や環境に合わせて、派遣社員というスタイルを有効に使うのもいいかもしれない。
    https://news.livedoor.com/article/detail/16771783/


    【【それもアリだよね‼】あえて「派遣社員」で働く理由 「時間に融通がきく」「残業はほぼない。社員が配慮してくれる」】の続きを読む


    毎日新聞が200人規模の早期退職、役員の呆れた「仕事削減策」に怒る現場 - ダイヤモンド・オンライン
    毎日新聞社が社員の1割に当たる200人規模の早期退職を募集することがダイヤモンド編集部の調べで分かった。新聞の部数減少に歯止めが掛からず、事実上のリストラに ...
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)


    毎日新聞(まいにちしんぶん、旧字体: 每日新聞)は、日本の新聞のひとつ。毎日新聞社(毎日新聞グループホールディングス傘下)が発行している。 日本国内で一番歴史のある新聞。戦前から朝日新聞と共に2強に数えられていたが、拡販競争と西山事件による経営危機で後れを取り、1960年代後半から1970年代前半
    97キロバイト (15,020 語) - 2019年6月29日 (土) 17:57



    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ほんの少し前までは、人材不足で売り手市場であったのに、最近はこのようなニュースが世の中を賑わせています。

    もちろん、今回の件は、様々な要因が重なっているみたいですが、大前提として、ひと昔前のようにほとんどの家庭が新聞を利用している訳ではないため、このような状況になるのは、予想がつく話であると思います。

    ただ、この業界だけではなく、様々な業界でも、リストラや再編がすすんでいるため、ほんとうにただ事ではないですね。今、まさに危機に備えるべく働き方や生活設計を見直す必要があるかもしれません。
    とても、危機感を感じます。




    1 ばーど ★ :2019/07/02(火) 18:08:04.33

    毎日新聞社が社員の1割に当たる200人規模の早期退職を募集することがダイヤモンド編集部の調べで分かった。新聞の部数減少に歯止めが掛からず、事実上のリストラに追い込まれた。人員の大幅減のしわ寄せは地方の記者に行く。これによって毎日新聞の特長である現場発の独自視点の記事が減れば、自らの首を締めることになりかねない。(ダイヤモンド編集部 千本木啓文)

    ■50歳代の社員が4割、その半数が部長職以上

     同社が早期退職を募集するのはバブル崩壊後の1993年以来、26年ぶりとなる。ただ、当時と異なるのは、本業の新聞事業が完全に先細りになっていることだ。新聞業界全体が深刻な部数減に直面しており、毎日新聞の部数はピーク時の79年の426万部から、2018年は274万部に減少。反転攻勢の兆しは見えない。

     もう一つの重大な問題が、高齢社員に偏った年齢構成だ。

     本誌が入手した労働組合資料によれば、丸山昌宏社長は5月29日、早期退職優遇制度を労組に提案した際、「構造改革を先送りしてきた結果、50歳代以上が社員の4割強を占め、さらに管理職が3割以上を占めるいびつな構造になっている」と危機感を語った。驚くべきことに50歳代の社員の半数が部長職以上に就いているという。

     今回実施する早期退職の対象者は50歳以上60歳未満の社員だ。その多くは記者職を含む編集部門とみられる。退職時期は幹部が9月末、非幹部が2月末を想定する。割増退職金として、基準賃金の最高20カ月分の加算金や最高1500万円の年齢別一律金などの優遇措置が用意される見込みだ。

     毎日新聞の社員数は2100人。このうち200人もの社員が退職して影響がないわけがない。

     労組が最も懸念しているのが、早期退職とセットで会社が提案した「支局などの地方機関から105人を減らす組織再編」だ。

    ■しわ寄せは地方記者に

     再編の狙いは人材の大都市圏への集中だ。同社執行役員の松木健編集編成担当は、「10年後には社員が(自然減も含め)400人以上減る。東京、大阪、西部(福岡県)の本社の取材力は極めて脆弱になっており、毎日ブランドの維持には本社の取材機能をこれ以上落とすわけにいかない」と必要性を強調した。

     この再編案では愛知県が17人減って21人に縮小。その他、青森、秋田、山梨、石川、富山、鳥取、徳島、高知、鹿児島の9県は記者3人、デスク、支局長――の5人体制に縮小する。

     この案に対し、社員からは「モチベーションが低下し、(労働強化で)命の危険も感じる」など反対の声が上がる。毎日新聞の地方の支局はすでに、全国紙ライバルの朝日新聞、読売新聞よりも記者が少ない。半分以下というケースすらある。さらなる人員削減は、取材の「穴」や労災につながりかねないという危機感が社内で高まっているのだ。

     森羅万象を記事にする新聞社の仕事は原則24時間休みがない。それは支局でも同じだ。記者3人で県域の突発的な事件などに備える「夜~翌朝」の警戒担当をローテーションで回すと、単純計算で毎月約10日間担当することになる。重大事件や火事などの発生が常時あるわけではないにせよ、過労で倒れる記者が出てもおかしくない。

     労組は人員削減をするなら、合わせて仕事量を減らすよう求めているが、会社から納得感のある回答は得られていない。

    ■「テレビ見て取材する方法も」呆れた役員発言

     さらに、社員らの怒りの火に油を注いだのが、松木氏が団体交渉中に発した「(突発的に発生する事件は)テレビを見て取材する方法もある」、「発表モノで県版を埋めてもいい」という発言だ。

     社員からは「現場発の独自の記事を書こうと日夜取材に励む記者をあまりにバカにしている」、「報道機関の役割を根底から覆す発言だ。当局発表の裏を取ったり、当局が発表しない事実を見つけたりすることが新聞の使命なのに」といった非難が殺到し、松木氏は釈明に追われた。

     戦後の日本の報道を支え、優れた報道に贈られる新聞協会賞編集部門の最多受賞歴を誇る毎日新聞はどこへ行くのか――。

     現実解として、選択と集中を進めざるを得ないだろう。

     ある中堅記者は、「無計画な採用の結果生まれた逆ピラミッド型の社員構成では上が詰まっていて絶望感しかなかった。

    以下ソース先で

    週刊ダイヤモンドSCOOP 2019.7.2 15:30
    https://diamond.jp/articles/amp/207581?skin=amp

    (出典 dol.ismcdn.jp)


    【【まっまた⁉リストラ!】毎日新聞が200人規模の早期退職 役員の呆れた「仕事削減策」に怒る現場‼】の続きを読む

    このページのトップヘ