#海外


    スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情 (2019年7月20日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    海外旅行に行くと、レストランで食事をする機会は多いだろう。しかし、外食をする際、日本では普通だと思っていることが、海外では不思議がられたり、マナー違反になることも ...
    (出典:エキサイトニュース)
    ↑↑↑来月の夏季休暇で海外に行かれる方もいらっしゃると思います。
    海外旅行に行くときは、マナーの下調べをしておくことも大切ざますね!

    異文化を楽しみながら、世界の偉大さやちっぽけな自分に気づける、有意義な旅行にしたいざますね。



    外食産業(がいしょくさんぎょう)とは、内食ではなく家庭外で食事を提供するサービス業。 「外食」の用語は戦時下の食料統制の一環として1941年に導入された外食券制によって、配給された外食券で食事ができる食堂に「外食券食堂」との表記がなされたことによって広まった。現在ではここからさらに派生した「内食」「中食」などの用語もある。
    31キロバイト (1,970 語) - 2019年6月24日 (月) 07:53

    ↓↓↓ピンチョス👈を食べた時のお会計の仕方は?

    (出典 tg.tripadvisor.jp)

    ↓↓↓知らないって⁉コワいざますね‼
    ↓↓↓このニュース記事に対してのみんなの意見は⁇
    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/21(日) 01:19:09.63 ID:Kc9F8guX9.net

    海外旅行に行くと、レストランで食事をする機会は多いだろう。
    しかし、外食をする際、日本では普通だと思っていることが、海外では不思議がられたり、マナー違反になることもあるようだ。

    日本では一人でランチを楽しんだり、一人でカフェでまったりするのはよくあることだ。
    しかし、そういった文化がないのがスペインとギリシャだ。スペインとギリシャでは食事は大勢でするもの。
    一人で食事をしているのは奇妙に見えるようだ。観光地では、おひとりさまに慣れているレストランも多いが、少し観光地を離れると、おひとりさまは不思議な存在。
    一人で食事をすることに違和感があるため、一人の人を見つけると近くのテーブルの人が「こっちに来る?」と声を掛け、自分たちのテーブルに混ぜようとすることも珍しくない。
    声を掛けられると戸惑うと思うが、そこはお礼をして混ぜてもらうことがマナーのようだ。

    他のヨーロッパの国でも日本とは異なる、外食での独自の文化が存在する。

    ドイツでは、「席がなければ相席は当たり前」という文化がある。
    日本でも食堂などで相席になることはあるが、ドイツの場合、よほどの高級レストランでない限り、相席をすることは日常茶飯事。
    座っていると「この席、空いていますか?」と話しかけられ、空いていたら相席を認めのがマナーである。
    スペインやギリシャのように互いに仲良く話しをすることはないが、4人席に知らない2組のカップルが座ることも珍しくない。
    相席文化がない観光客は、席が空いていたとしても、相席を断ってしまう人もいる。この行動は冷たい人だと思われることもあるようだ。
    よほどのことがない限り、相席を受け入れるほうがいいかもしれない。相手にとっても失礼にならず、自分も現地に馴染むことができるからだ。

    “らしい”独特のマナーがあるのがイタリアだ。日本では店員がコップやお皿を割ると、すぐさま「失礼しました」と謝罪し、申し訳ない雰囲気が漂うが、イタリアはその反対だ。
    店員が何かを割るたびに客は拍手をするのがマナーなのだ。これはイタリアには「コップやお皿が割れると縁起がいい」という言い伝えがあるからだという。
    時には物が割れた時に隣の人と乾杯をすることもあり、割れ物はその場の雰囲気を盛り上げてくれる。
    こうした風習は、イギリスやブルガリアの一部の地域でも見受けられるという。

    食事は海外での楽しみの一つだ。
    その国のマナーを知っておくと外食がより楽しめ、美味しい食事だけでなく現地の人と触れ合える、最高の異文化体験となるだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16802602/
    2019年7月20日 15時0分 リアルライブ

    前スレ 2019/07/20(土) 15:37
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563604675/


    【【覚えておきましょう!】スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情 ⁉】の続きを読む


    海外移住者は今後も増加?再度おさらい、メリットとデメリット - ZUU online
    近年、永住目的で日本から海外へ出国する流れが加速しています。外務省の統計によると、2017年の海外永住者は前年比約3.4%増の48万4150人 となっています。
    (出典:ZUU online)
    ↑↑↑10月の増税を迎えるとますます、増えていくざますね!少子高齢化の日本にとっては、デメリットざます。
    ただ、我々にとってはいかがでしょうか・・・


    永住権(えいじゅうけん)とは外国人が、在留期間を制限されることなく滞在国に永住できる権利のこと。出入国管理及び難民認定法第22条では永住許可と呼ばれ、これは在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可を指す。滞在国で永住権を持つ外国人や永住許可を受けた外国人を永住者と呼ぶ。
    18キロバイト (2,680 語) - 2019年5月23日 (木) 14:57



    (出典 crowdworks.jp)

    ↓↓↓国際税理士が解説ざます!
    ↓↓↓みんなの意見はいかが⁇
    1 田杉山脈 ★ :2019/07/13(土) 16:11:13.85 ID:CAP_USER.net

    近年、永住目的で日本から海外へ出国する流れが加速しています。外務省の統計によると、2017年の海外永住者は前年比約3.4%増の48万4,150人となっています。昭和から平成に移り変わった1989年からは2002年を除いて毎年増加しています。止まらない海外移住人気の理由はどこにあるのでしょうか。

    まずは、外務省による「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)」を参考に、海外移住希望者に人気の永住先を見てみましょう。

    永住先として最も人気のある地域は北米です。2017年における全世界の海外邦人永住者は48万4,150人で、そのうち北米永住者は23万6,561人と、全体の半数近い約49%を占めています。北米に次いで人気を集めているのが欧州と大洋州です。永住者数は、西欧地域が6万7,443人、東欧・旧ソ連地域が1,528人、オーストラリア大陸と周辺の諸島を合わせた大洋州が6万9,686人でした。増加率では、アジアが前年比8.61%増でトップとなっており、永住者数は3万1,581人です。

    人々はなぜ移住を決意するのか
    日本人が海外に移住したいと感じる背景には、一体どのような理由があるのでしょうか。主に2つのポイントに注目してみましょう。

    日本国内の各種増税
    2018年の税制改正で、給与所得控除は縮小が決定しました。これにより、年収850万円超の給与所得者は、実質的に増税となりました。2015年には相続税も増税されています。

    消費税においても、2014年4月に5%から8%となり、2019年10月にはさらに10%にまで引き上げられる予定です。これでも、消費税20%前後の欧米諸国と比較すれば税率そのものは低いのですが、大きく異なる点は軽減税率です。

    欧州では、生活必需品や食料品にかかる税率を0%とするなど、低い軽減税率を積極的に設定している国もあります。しかし、日本の軽減税率は標準税率との差が小さいうえに対象も限られており、増税時には負担の増加を強く実感することが容易に予想されます。国内における増税の流れは、海外移住の動きを加速させている要因の1つと捉えることができるでしょう。

    教育環境
    子育て世代が移住を決意した背景には、「日本よりも教育環境が整っている」「海外で子どもを育てたい」という思いが関係しているようです。事実、「海外教育移住」という言葉も生まれるなど、富裕層を中心に注目が集まっています。

    今後ますます国際化が進展するにつれて、幼いうちから日本語以外の言語に触れさせたい、多様性を肌で感じて視野の広い子どもに育ってほしい、などの親の希望があるようです。一方で、母国語である日本語の習得が不十分になる可能性や、通学先の教育水準が低いなどのリスクも考えられるため、移住先や居住エリアには念入りな調査が必要です。

    最適な移住先は目的によって異なる
    どの国に移住するかは、何を求めて移住するのかによって選び方が異なります。

    税対策
    節税目的の移住であれば、相続税のない地域、例えばシンガポールやマレーシア、ニュージーランドなどが最適でしょう。世界各国から投資家や映画監督などが多く集まってきており、富裕層からの人気が高い国々です。

    教育環境
    高水準の教育環境が整っている地域としては、東南アジアの一部もしくはヨーロッパが人気です。東南アジアにおいて特に高い人気を誇るのが、ローコストで高水準の教育を受けられるマレーシアです。マルボロ・カレッジのマレーシア分校をはじめとしたイギリスのインターナショナルスクールのほか、アメリカやオーストラリアと同様のカリキュラムで学べる教育機関が集まっています。

    ヨーロッパは教育費がかからない国が多く、なおかつ公立校の教育水準を政府が統一しています。入学先によって教育格差が生じるといった心配もありません。

    老後の生活
    定年退職後のセカンドライフを海外で、という希望がある人には、物価が安い国が適しているでしょう。月々15万円ほどで豊かな生活が送れるタイ、月に10万円あれば悠々自適に暮らせるインドネシアなどが挙げられます。毎月20万円ほどを生活費に充てられるのなら、ギリシャで優雅な余生を過ごすことも夢ではありません。
    https://zuuonline.com/archives/201217


    【【おさらい‼】今後ますます増加!海外移住者のメリットとデメリット!】の続きを読む

    このページのトップヘ