#海外旅行


    スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情 (2019年7月20日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    海外旅行に行くと、レストランで食事をする機会は多いだろう。しかし、外食をする際、日本では普通だと思っていることが、海外では不思議がられたり、マナー違反になることも ...
    (出典:エキサイトニュース)
    ↑↑↑来月の夏季休暇で海外に行かれる方もいらっしゃると思います。
    海外旅行に行くときは、マナーの下調べをしておくことも大切ざますね!

    異文化を楽しみながら、世界の偉大さやちっぽけな自分に気づける、有意義な旅行にしたいざますね。



    外食産業(がいしょくさんぎょう)とは、内食ではなく家庭外で食事を提供するサービス業。 「外食」の用語は戦時下の食料統制の一環として1941年に導入された外食券制によって、配給された外食券で食事ができる食堂に「外食券食堂」との表記がなされたことによって広まった。現在ではここからさらに派生した「内食」「中食」などの用語もある。
    31キロバイト (1,970 語) - 2019年6月24日 (月) 07:53

    ↓↓↓ピンチョス👈を食べた時のお会計の仕方は?

    (出典 tg.tripadvisor.jp)

    ↓↓↓知らないって⁉コワいざますね‼
    ↓↓↓このニュース記事に対してのみんなの意見は⁇
    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/21(日) 01:19:09.63 ID:Kc9F8guX9.net

    海外旅行に行くと、レストランで食事をする機会は多いだろう。
    しかし、外食をする際、日本では普通だと思っていることが、海外では不思議がられたり、マナー違反になることもあるようだ。

    日本では一人でランチを楽しんだり、一人でカフェでまったりするのはよくあることだ。
    しかし、そういった文化がないのがスペインとギリシャだ。スペインとギリシャでは食事は大勢でするもの。
    一人で食事をしているのは奇妙に見えるようだ。観光地では、おひとりさまに慣れているレストランも多いが、少し観光地を離れると、おひとりさまは不思議な存在。
    一人で食事をすることに違和感があるため、一人の人を見つけると近くのテーブルの人が「こっちに来る?」と声を掛け、自分たちのテーブルに混ぜようとすることも珍しくない。
    声を掛けられると戸惑うと思うが、そこはお礼をして混ぜてもらうことがマナーのようだ。

    他のヨーロッパの国でも日本とは異なる、外食での独自の文化が存在する。

    ドイツでは、「席がなければ相席は当たり前」という文化がある。
    日本でも食堂などで相席になることはあるが、ドイツの場合、よほどの高級レストランでない限り、相席をすることは日常茶飯事。
    座っていると「この席、空いていますか?」と話しかけられ、空いていたら相席を認めのがマナーである。
    スペインやギリシャのように互いに仲良く話しをすることはないが、4人席に知らない2組のカップルが座ることも珍しくない。
    相席文化がない観光客は、席が空いていたとしても、相席を断ってしまう人もいる。この行動は冷たい人だと思われることもあるようだ。
    よほどのことがない限り、相席を受け入れるほうがいいかもしれない。相手にとっても失礼にならず、自分も現地に馴染むことができるからだ。

    “らしい”独特のマナーがあるのがイタリアだ。日本では店員がコップやお皿を割ると、すぐさま「失礼しました」と謝罪し、申し訳ない雰囲気が漂うが、イタリアはその反対だ。
    店員が何かを割るたびに客は拍手をするのがマナーなのだ。これはイタリアには「コップやお皿が割れると縁起がいい」という言い伝えがあるからだという。
    時には物が割れた時に隣の人と乾杯をすることもあり、割れ物はその場の雰囲気を盛り上げてくれる。
    こうした風習は、イギリスやブルガリアの一部の地域でも見受けられるという。

    食事は海外での楽しみの一つだ。
    その国のマナーを知っておくと外食がより楽しめ、美味しい食事だけでなく現地の人と触れ合える、最高の異文化体験となるだろう。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16802602/
    2019年7月20日 15時0分 リアルライブ

    前スレ 2019/07/20(土) 15:37
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563604675/


    【【覚えておきましょう!】スペインで「おひとりさま」は変人扱い? “日本の常識”が通用しない海外での外食事情 ⁉】の続きを読む


    スイスが一番、外国人が住んで働きたい国-生活の質ならスペイン - ブルームバーグ
    外国人が住みたい、働きたい国のランキングで、スイスがシンガポールを抜いて1位になった。HSBCホールディングスが4日公表した調査が示した。
    (出典:ブルームバーグ)


    Svizzer(ロマンシュ語) スイスの賛歌 ^ スイス連邦憲法では正式な首都は定められていない。憲法上ベルンは「連邦都市」と定められており、これを事実上の首都と見なしている。 ^ a b c d “IMF Data and Statistics”. 2015年1月17日閲覧。 スイス連邦(スイスれんぽう)、通称スイス
    62キロバイト (7,748 語) - 2019年5月22日 (水) 07:08



    (出典 ec2-52-199-125-58.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com)

    アルプスの少女ハイジの国ですね。
    給与は高いが、世界一物価の高い国ということから、1位というのは意外な結果でした。

    ただ、スイスといえば、マッターホルンを代表する広大な大自然や、独自の伝統・文化が織りなす国でもあり、住むには非常に魅力的な国として、知られていますよね。

    また、治安や食事についても問題はなさそうですし、比較的神経質な、私たち日本人ですが、公共機関・人との待ち合わせなど、時間に正確なところも住みやすさの一つかもししれません。

    大きな問題としては、言葉とお金の面でしょうか。
    まず、スイス移住で就職、また暮らす上で必要な言語は「ドイツ語」「フランス語」「イタリア語」「ロマンシュ語」です。ただ、ほとんどの国民は英語を話すことができるため、共通語としては英語が手っ取り早いかもしれません。移住先地域によって、言語は変わりますが、英語が話せれば問題なさそうです。

    そして、最後にお金の面ですが、物価は高いですが、ニュースにあるように給料も高額です。例えばマックの時給は2,500円!最低賃金35万円と破格の値段であるため、それに慣れるということで問題はなさそうな気がしました。

    ざっくりとですが、どうやら外国人が住みたい・働きたい国のランキング1位のヒミツがなんとなく解ったような気がします。一度、旅行に行ってみると良いかもしれませんね。


    1 田杉山脈 ★ :2019/07/04(木) 21:43:22.36 ID:CAP_USER.net

    外国人が住みたい、働きたい国のランキングで、スイスがシンガポールを抜いて1位になった。HSBCホールディングスが4日公表した調査が示した。

    スイスは高い収入が得られる可能性と安定性で最高点を得て昨年の8位から急浮上した。スイスの平均給料は11万1587ドル(約1200万円)と、調査対象33カ国・地域の中央値(7万5966ドル)より47%高い。

    4年連続でトップだったシンガポールは2位に後退。スペインは9つ順位を上げて4位となった。生活の質と心身ともに健康に過ごせるというカテゴリーで1位だった。

    一方、英国は欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が響き7つ順位を落として27位。経済的、政治的安定の両カテゴリーで下から3番目までに入っていた。英国に赴任する外国人にとっての救いとして、達成感のカテゴリーで1位、キャリアの進展で4位だった。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-04/PU3SXG6S972801


    【【海外移住】スイスが一番、外国人が住んで働きたい国】の続きを読む


    夏の海外旅行、過去最高へ=働き方改革で休暇長め-JTB予測 - 時事通信ニュース
    JTBが4日発表した夏休みの旅行動向予測によると、海外旅行に出掛ける人は前年比3.5%増の299万人となる見通しだ。比較可能な2000年以降では最高。政府の ...
    (出典:時事通信ニュース)


    balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。 仕事・労働は、賃金を得るための生活の糧であり、個々の暮
    11キロバイト (1,478 語) - 2019年5月27日 (月) 21:32



    (出典 www.kntcs.co.jp)


    景気が良い明るいニュースはいいですね!
    海外に出かける人/金額ともにUPしています!働き方改革で、残業をしなくなったため、その分の給与が減り、家計が苦しいとのニュースが飛び交っており、海外旅行に行くにしても、近場を選ぶのかな?と考えていましたが、良い意味で裏切られました…人気の渡航先もハワイ‼最高ですね!

    温暖な気候と自然豊かな風土が魅力的なハワイは、日本から直行便で約9時間程度。現地には、日本人観光客も多く、在日日本人も多く生活しています。そのため、日本語が通じやすい/日本食料理店が多い/日本語が通じる病院がある/といった特徴があり、英語が不得手なひとでも滞在しやすいと思います。また、透き通った青い海は、非日常的であるため日頃の疲れを癒すのに選ばれる方が多いんでしょうね。

    長いお休みの過ごし方も回数を追うごとに、充実させていきたいものですね。


    1 靄々 ★ :2019/07/05(金) 05:51:40.16 ID:8NU7KCm99.net

    夏の海外旅行、過去最高へ=働き方改革で休暇長め-JTB予測

     JTBが4日発表した夏休みの旅行動向予測によると、海外旅行に出掛ける人は前年比3.5%増の299万人となる見通しだ。比較可能な2000年以降では最高。政府の進める働き方改革により、長めの夏休みが取りやすくなったことが背景にある。
     人気の渡航先はハワイやグアム、サイパンなど。平均費用は6.2%増の22万7700円。JTBは「(働き方改革の結果)年5日の有給休暇取得が義務化されたこともあり、連続した休みを取りやすい環境が広がっている」と分析している。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070401173&g=eco
    2019年07月04日19時43分 時事ドットコムニュース


    【【夏季休暇みんなどうするの?】<JTB予測> 夏の海外旅行 働き方改革で休暇長め 比較可能な2000年以降では最高!】の続きを読む

    このページのトップヘ