怒声浴び、資料投げられ…郵便局員は批判の矢面 - 読売新聞
かんぽ生命保険で不適切な保険契約の乗り換えが多数あった問題で、かんぽ生命と日本郵便は8月末まで保険営業を自粛することを決めた。だが、営業現場では後手に ...
(出典:読売新聞)


日本郵政の傘下に郵便事業株式会社並びに郵便局株式会社を設立。 株式会社ゆうちょが株式会社ゆうちょ銀行に、株式会社かんぽが株式会社かんぽ生命保険にそれぞれ商号変更。 日本郵政の本社を東京都港区虎ノ門(虎の門三丁目ビルディング)から東京都千代田区霞が関(旧日本郵政公社本社)へ移転。
41キロバイト (4,170 語) - 2019年7月12日 (金) 11:24



(出典 pbs.twimg.com)


この問題が起こる前、郵便局に行ったら、局員がはっぴを着て、とても元気に保険商品を勧めてくれました。
結構、良い商品でしたよ。

ただ、上層部の圧力が強いんだろうな…と想像させられました。
局員目線で考えると、局員にも、生活があるため、そうせざるおえなかったのでしょうね。もちろん、これが許される訳ではありませんが…また、そういった組織に嫌気もさすと思いますが、容易に次の仕事先が決められる人なら、そうすればいいのでしょうが、そうはいかない人は、それをずっと続けるというか…続けなければならない!ことになります。どんな業種でも、同じでしょうね。

会社?局員?この場合、どちらから改革が必要なんでしょうね。



1 記憶たどり。 ★ :2019/07/13(土) 12:22:10.26

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00050156-yom-bus_all

かんぽ生命保険で不適切な保険契約の乗り換えが多数あった問題で、かんぽ生命と日本郵便は8月末まで
保険営業を自粛することを決めた。だが、営業現場では後手にまわる会社側の対応への不満が強く、混乱も広がっている。

両社が10日の記者会見で、不適切な疑いのある契約が多数あることを明らかにした後、
保険販売を担う郵便局では営業が難しい状況だ。東京都内の郵便局に勤務する男性社員は
「社員が電話した途端にどなられて切られたり、訪問時に資料を投げつけられたりするようなことが起きている」と話す。

関係者によると、問題が発覚した直後の6月下旬、日本郵便は、大沢誠副社長の名前で
「自信を持って営業活動を行っていきましょう」との社内メッセージを発信した。管理職が
「営業をやめれば、会社は潰れる。正当な営業手法であれば堂々と進めよう」などと指導することもあり、
問題を楽観視するかのような姿勢に違和感を抱いた社員も多かったという。

一方、かんぽ生命の保険契約を巡っては12日、契約から2年後に解約する事例が急増していることが明らかになった。
2010~12年度に結ばれた新契約を社内で調べたところ、解約時期が2年を経過した後が最も多くなっていたという。

当時、日本郵便では2年を経過しない場合、保険販売で支給される手当の一部を会社に返還する規定があった。
郵便局員が手当の満額支給を受けるため、返還期間となる2年が過ぎた後、乗り換え契約を勧めていた可能性がある。


【【かんぽ問題それから・それから…】怒声浴び、資料投げつけられ・・・。郵便局員は批判の矢面。しか~し⁉ 副社長「自信を持って営業活動を行っていきましょう」】の続きを読む