#老後


    海外移住者は今後も増加?再度おさらい、メリットとデメリット - ZUU online
    近年、永住目的で日本から海外へ出国する流れが加速しています。外務省の統計によると、2017年の海外永住者は前年比約3.4%増の48万4150人 となっています。
    (出典:ZUU online)
    ↑↑↑10月の増税を迎えるとますます、増えていくざますね!少子高齢化の日本にとっては、デメリットざます。
    ただ、我々にとってはいかがでしょうか・・・


    永住権(えいじゅうけん)とは外国人が、在留期間を制限されることなく滞在国に永住できる権利のこと。出入国管理及び難民認定法第22条では永住許可と呼ばれ、これは在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可を指す。滞在国で永住権を持つ外国人や永住許可を受けた外国人を永住者と呼ぶ。
    18キロバイト (2,680 語) - 2019年5月23日 (木) 14:57



    (出典 crowdworks.jp)

    ↓↓↓国際税理士が解説ざます!
    ↓↓↓みんなの意見はいかが⁇
    1 田杉山脈 ★ :2019/07/13(土) 16:11:13.85 ID:CAP_USER.net

    近年、永住目的で日本から海外へ出国する流れが加速しています。外務省の統計によると、2017年の海外永住者は前年比約3.4%増の48万4,150人となっています。昭和から平成に移り変わった1989年からは2002年を除いて毎年増加しています。止まらない海外移住人気の理由はどこにあるのでしょうか。

    まずは、外務省による「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)」を参考に、海外移住希望者に人気の永住先を見てみましょう。

    永住先として最も人気のある地域は北米です。2017年における全世界の海外邦人永住者は48万4,150人で、そのうち北米永住者は23万6,561人と、全体の半数近い約49%を占めています。北米に次いで人気を集めているのが欧州と大洋州です。永住者数は、西欧地域が6万7,443人、東欧・旧ソ連地域が1,528人、オーストラリア大陸と周辺の諸島を合わせた大洋州が6万9,686人でした。増加率では、アジアが前年比8.61%増でトップとなっており、永住者数は3万1,581人です。

    人々はなぜ移住を決意するのか
    日本人が海外に移住したいと感じる背景には、一体どのような理由があるのでしょうか。主に2つのポイントに注目してみましょう。

    日本国内の各種増税
    2018年の税制改正で、給与所得控除は縮小が決定しました。これにより、年収850万円超の給与所得者は、実質的に増税となりました。2015年には相続税も増税されています。

    消費税においても、2014年4月に5%から8%となり、2019年10月にはさらに10%にまで引き上げられる予定です。これでも、消費税20%前後の欧米諸国と比較すれば税率そのものは低いのですが、大きく異なる点は軽減税率です。

    欧州では、生活必需品や食料品にかかる税率を0%とするなど、低い軽減税率を積極的に設定している国もあります。しかし、日本の軽減税率は標準税率との差が小さいうえに対象も限られており、増税時には負担の増加を強く実感することが容易に予想されます。国内における増税の流れは、海外移住の動きを加速させている要因の1つと捉えることができるでしょう。

    教育環境
    子育て世代が移住を決意した背景には、「日本よりも教育環境が整っている」「海外で子どもを育てたい」という思いが関係しているようです。事実、「海外教育移住」という言葉も生まれるなど、富裕層を中心に注目が集まっています。

    今後ますます国際化が進展するにつれて、幼いうちから日本語以外の言語に触れさせたい、多様性を肌で感じて視野の広い子どもに育ってほしい、などの親の希望があるようです。一方で、母国語である日本語の習得が不十分になる可能性や、通学先の教育水準が低いなどのリスクも考えられるため、移住先や居住エリアには念入りな調査が必要です。

    最適な移住先は目的によって異なる
    どの国に移住するかは、何を求めて移住するのかによって選び方が異なります。

    税対策
    節税目的の移住であれば、相続税のない地域、例えばシンガポールやマレーシア、ニュージーランドなどが最適でしょう。世界各国から投資家や映画監督などが多く集まってきており、富裕層からの人気が高い国々です。

    教育環境
    高水準の教育環境が整っている地域としては、東南アジアの一部もしくはヨーロッパが人気です。東南アジアにおいて特に高い人気を誇るのが、ローコストで高水準の教育を受けられるマレーシアです。マルボロ・カレッジのマレーシア分校をはじめとしたイギリスのインターナショナルスクールのほか、アメリカやオーストラリアと同様のカリキュラムで学べる教育機関が集まっています。

    ヨーロッパは教育費がかからない国が多く、なおかつ公立校の教育水準を政府が統一しています。入学先によって教育格差が生じるといった心配もありません。

    老後の生活
    定年退職後のセカンドライフを海外で、という希望がある人には、物価が安い国が適しているでしょう。月々15万円ほどで豊かな生活が送れるタイ、月に10万円あれば悠々自適に暮らせるインドネシアなどが挙げられます。毎月20万円ほどを生活費に充てられるのなら、ギリシャで優雅な余生を過ごすことも夢ではありません。
    https://zuuonline.com/archives/201217


    【【おさらい‼】今後ますます増加!海外移住者のメリットとデメリット!】の続きを読む


    「年金なんてどうせもらえない」と未納を続けた49歳男性に残された道 - ダイヤモンド・オンライン
    これまでも、年金だけで老後を過ごすのは厳しいと認識していた人は多かったと思います。そのことを改めて世間に突き付けた「老後資金2000万円」報告書が発表されて1 ...
    (出典:ダイヤモンド・オンライン)

    このニュース記事の中にある、

    『今後、年金の受給額が減るとか、もらえなくなってしまうなどといわれていますが、金額が減ったとしても年金制度がなくなる心配はないでしょう。1ヵ月の生活費としては足りない金額であったとしても、年金という形で安定した収入を得ることは、老後の生活を考えるうえで大切なことだと思います。』

    ここが、大切なポイントざ~ますね。人生を歩んで行く中で、将来のために、毎月々ず~っと自分が思う計画通りに貯蓄することは、不可能に近いざ~ます。そのため、義務でもありますが、権利でもあるこの制度を有効活用した方が、安心ということざ~ます。将来のことは、わからないざますからね。

    皆さん、お分かりになったざますか?

    また、会社が税金を抑えるため、海外にダミー会社や個人商店を設立し、社員を出向扱いにするなんてことを聞きますが、それを強制された場合は、考えた方がいいざます。自分の将来の年金額はどうなるのか?傷病手当はどうなるのか?など…会社は社員のためと言うざますが、そんな訳はないざます。冷静な判断が必要ざますね。




    年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。 年金
    28キロバイト (3,470 語) - 2019年6月30日 (日) 03:45



    (出典 dol.ismcdn.jp)

    ↓↓↓まずは、現実を知る事ざます。
    このニュース記事に対してのみんなの意見は⁇
    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/15(月) 11:00:00.18

    https://diamond.jp/articles/-/208664

    これまでも、年金だけで老後を過ごすのは厳しいと認識していた人は多かったと思います。
    そのことを改めて世間に突き付けた「老後資金2000万円」報告書が発表されて1ヵ月余り。
    実際、老後資金作りに関心を持って、私のもとへ家計相談に訪れる人が増えています。

    その中にはときどき、年金保険料の納付に関して「自分で老後資金を準備するのなら、払わなくてもよいのでは?」
    などという極論をおっしゃる人もいます。年金は賦課方式(現役世代で出し合って年金の支払いを支える方式)での支給であり、
    自分で積み立てて受給する方式ではないので、そう考えるのも無理はないかもしれません。しかし、きちんと年金保険料を納め、
    自分が年金をもらえる権利を作っておくことが、老後生活の設計において非常に大切です。

    現在、平均寿命が延び続け、「老後」の期間が長くなっています。そうした中で、年金のような毎月安定した収入源を持つことが、
    貯蓄などで資産を作ること以上に重要なのです。

    仮に「年金保険料を支払わなくてもいい」としても、その分の金額を老後のために今から貯められるかというと、なかなか難しいことでしょう。
    寿命はどんどん延びていますから、長生きするだけたくさん年金がもらえ、支払ってきた金額を超えることさえあります。

    何より、治る見込みのない障害を負った時、配偶者を亡くした時などにも、ある程度の生活が保障されるこの年金制度は、
    批判もあるでしょうが、やはり加入しておくべきものです。

    個人事業主に雇われていたYさん(49)は、これまでずっと年金保険料を払ってきていません。
    雇い主から受け取る給料は、所得税と雇用保険料が引かれているのみ。社会保険料は給料から徴収されていませんでした。

    Yさんが就職したばかりの時期は、ちょうどバブルが終わる頃。当時、自営業者の間には「年金なんてもらえるかどうかわからないから、
    払わなくていい」という風潮があり、Yさんも「そうだ、その通りだ」と考えていました。「いつ病院にかかるかわからないから」と
    国民健康保険には加入していましたが、年金はずっと無視していたのです。

    年金を払うより貯金したほうがいい――。当時の先輩たちの話をうのみにしていたYさんでしたが、「貯蓄があれば何とかなる」のは、
    預金金利が比較的高かった、就職したての頃の話。1990年頃は銀行金利が2%、郵便局の金利は3%を超えていました。
    その頃なら、確かに貯金だけでも老後は何とかなったかもしれません。

    Yさんは年金保険料を払うよりも貯めていこうと考え、自宅に年金保険料の催促状などが届いたり、電話で催促されたりしても無視を続け、
    全く支払いませんでした。

    単身のまま、「いつかは自分も独立したい」と思って働き続けているうち、周囲には「年金には入っておくべき」と話す人が多くなりました。
    しかし、Yさんは「今さら入っても25年の受給資格には満たないし、どうせそんなにもらえない」。そう思って加入することを前向きに考えず、
    今に至ってしまいました。

    2017年8月から、年金の受給資格は「10年以上の加入」で得られるようになりました。今加入すると、ギリギリその10年を満たせます。
    ですが、もらえる金額はそう多くはないと思え、まだ加入を迷っています。

    「貯金さえしておけばいい」と考えていたYさんですが、現在の貯蓄は1200万円を切るほどしかありません。このまま仕事をやめて老後に入ると、
    たった数年でこの蓄えはなくなってしまうでしょう。できるだけ蓄えを切り崩さずに暮らすのが最善ですが、年金の受給を受けられないので、
    それも難しいかもしれません。

    Yさんがこれからできることは、可能な限り長く働いて、収入を得る。これしかありません。幸い、資格があり、独立もできるような仕事に
    就かれているので、将来にわたって収入を得ることもできますが、今さらながら、きちんと年金に加入していなかったことを悔やんでいます。
    たとえ、わずかでも年金がもらえるよう、今から加入し、状況によっては任意加入制度も利用して加入期間を延ばし、老後に備えようかと考え始めています。

    今後、年金の受給額が減るとか、もらえなくなってしまうなどといわれていますが、金額が減ったとしても年金制度がなくなる心配はないでしょう。
    1ヵ月の生活費としては足りない金額であったとしても、年金という形で安定した収入を得ることは、老後の生活を考えるうえで大切なことだと思います。


    【【まあ、今から払うざ~ますね!】<人生100年>「年金なんてどうせもらえない」と未納を続けた49歳男性に残された道‼】の続きを読む

    このページのトップヘ